TOP > プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

基本方針
京都府美容業生活衛生同業組合(以下、当組合という。)は、個人情報の取扱いについて個人情報の保護に関する法律を尊重し、正確性と機密性の保持、および適切な利用に努めます。また、当組合の個人情報の取扱い及び安全管理に係る適切な措置については、適宜見直しを行い、改善に努めます。
個人情報の利用目的
組合員及びその家族・従業員の個人情報は、当組合が行う各種事業(教育事業・指導事業・厚生事業・共済事業・融資事業等)の利用案内、サービスの提供送付(当組合の指定業者による資料送付等を含む)及び機関誌の送付、諸通知、諸連絡等の組合員管理など当組合が行うべき正当な目的のための他の目的のために利用いたしません。
保有している個人情報の種類
当組合は、前項の事業の実施に関し、当組合の会員たる各支部から、各支部に所属する組合員、家族、従業員等の個人情報(氏名、住所、生年月日、性別、電話番号、美容師免許番号、健康状態等、美容技術資格取得情報、機関誌購読情報等)を取得し、また、各共済制度の加入者データを取得して保有しています。
情報の収集及び取得
組合員及びその家族・従業員の個人情報は、当組合への加入及び組合事業の利用に伴う当組合への諸届け書類等により取得し上記の利用目的のために利用いたします。また 組合役員等に対して旅費支給のため、必要な情報を提供させることがあります。
これ以外の方法により個人情報を収集・取得することはありません。
情報の管理
当組合は、利用目的に照らして必要と判断した範囲内で、取得した個人情報の正確性、最新性および適切な内容を維持するよう努めます。また、当組合は取得した個人情報を保護するために、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。業務委託にあたっては、委託先において情報管理に関する従業員の監督のための措置がとられていることを確認する等、委託先の総合的な安全性を確認します。
第三者への提供
当組合は、次の場合を除き、組合員及びその家族・従業員の個人情報を第三者に提供することはありません。
  1. ご本人の同意がある場合
  2. 法令に基づく場合
  3. 人の生命・身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難である場合
  4. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
  5. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  6. 守秘契約を締結した第三者に業務委託を行うとき
  7. 口座振替提携金融機関に対し口座振替データを提供するとき
  8. 関連団体(指定業者)データを提供する場合
官公署及び関係団体に対する提供
当組合は、各種資格の取得、各種報償の受賞申請のため必要な場合は個人情報(氏名、住所、生年月日、健康状態等)を、本人の同意を得た上で、申請書に添えて書面又は情報を記録した電子媒体を介して、官公署及び関係団体へ提供します。
保有個人データの開示・訂正・利用停止等
当組合は、保有する個人データに関して、開示・訂正・利用停止等のご依頼があった場合は、ご本人からのご依頼であることを確認させていただいたうえで、法令に従い、当組合の定めるところにより、開示・訂正・利用停止等をします。
教育・研修
当組合は、個人情報を適切に管理するため、当組合の役職員に対して、教育・研修を実施します。
法令の遵守
当組合は、個人情報の保護に関する法律その他の法令を遵守し、個人情報の保護に努めるとともに、本方針の継続的改善に努めます。

このページの上へ